• Yoshihiro Mizoguchi was born in Fukuoka on June 20, 1960. He received B.S. in 1983, the M.S. 1985 in Mathematics and the Dr. Sci. in 1992 in Information Systems from Kyushu University. Presently, he is a professor of Institute of Mathematics for Industry, Kyushu University at Fukuoka. His research interests are theoretical aspects in computer science, including logic of programming language, cellular automata, computer graphics, category theories and network securities.
  • Papers
  • Read & Research Map
  • Projects / Seminars
    • PMF2016 (Pusan National University MATH FORUM 2016)
    • TPP2016 (12th Theorem Proving and Provers)
    • ISITA2016 (International Symposium on Information Theory and Its Applications)
    • COA2016 (Computational Origami and Applications)
    • USMaC2016 (Universal Structure in Mathematics and Computing
    • SCSS2016 (Symbolic Computation in Software Science)
    • FMfI2015 (Forum "Math-for-Industry")
    • TPP2014 (Theorem Proving and Provers Meeting)
      fileAnnouncement2.pdf
    • MCG (Mathematics for Computer Graphics)
    • ALGI (Algebra, Logic and Geometry in Informatics)
    • LC (Logic and Computation)
    • Comb (Combinatorics)
    • APCMfI (Asia Pacific Consortium of Mathematics for Industry)
  • Journals
    • BIC (Bulletin of Informatics and Cybernetics)
    • PJMfI (Pacific Journal of Mathematics for Industry)
    • MATEMATIKA (Malaysian Journal of Industrial and Applied Mathematics)
    • AROB (Artificial Life and Robotics)
    • IJAEM (International Journal of Applied & Experimental Mathematics)
  • Links / Past
    • SlideShare (My presentation slides)
    • MoCo (Molecular Computing)
    • Edu (Science Education)
    • QCA (Quantum Cellular Automata)
  • 溝口佳寛 研究者情報 (九州大学)

    計算について論理的・数学的に考察する研究を行っています. 1930年代 Alan Turingは
    「チューリング機械」と呼ばれる形式的な計算モデルを構成し, 計算可能性, 万能性に関する
    計算理論の礎を築きました. 数の計算の実現に計算モデルのテープ上に記述された文字列
    重要な役割を果たしました. 計算モデル「有限オートマトン」の研究では1950年代に入り
    文字列集合の認識機械としての考察が始まり言語との重要な関係が導かれました.
    その後, 形式言語の研究は「自然言語の機械翻訳」「文献データベース」「人工知能」などの
    研究へと発展しています.
    数学(代数学)は「群」「環」「体」などの一種の集合上の演算を持つ代数系を対象とします.
    代数系はモナドと呼ばれる圏の間の関手たちにより多種の集合間の関数を演算として持つ
    系に一般化されます. 多種代数系は「スタック」「木」「グラフ」などのプログラミングに
    必要なデータ構造を含みますので, 多種代数系やモナドの研究成果は計算の性質を考察する
    ための強力な武器になります.
    近年の計算機の発展と普及により, 社会システムは計算機(プログラム)にますます依存して
    来ています. システムに要求される仕様プログラムで実現し計算機で実行します. プログ
    ラムが仕様を正しく実現していることは, 数理論理学において証明定理を正しく導いてい
    ることに対応します. 論理的に誤りがないプログラムのための仕様記述, 開発, 検証の技術は
    形式手法と呼ばれます. 証券取引, 交通網, 航空宇宙工学, マイクロプロセッサなどプログラ
    ムの誤りにより多大な損失が生じるシステムに形式手法は活用されています.
    最近は論理的・数学的な考察そのものにも計算機が利用され, 形式手法のための数学理論の
    構築と実現がますます重要になっています. 数の取り扱いのための文字列の研究のように,
    計算に必要な数学概念の計算モデルの研究を続けています. 最近では, デジタル映像分野に
    おける計算のための新しい計算モデルも模索しています.

  • リンク:
 Yoshihiro Mizoguchi
 Institute of Mathematics for Industry,
 Kyushu University,
 Fukuoka JAPAN, 812-8581
 Fax. +81-92-642-2779
 Email. ym @ imi.kyushu-u.ac.jp
 GPS: 33.59522N (33°35'42"), 130.21973E (130°13'11")
 Fingerprint: AB:A1:20:C8:F8:89:5B:5A:20:90:74:20:20:CB:F5:C6 (MD5)

添付ファイル: fileAnnouncement2.pdf 932件 [詳細] filebnr_imi.gif 501件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-07 (日) 06:43:35 (196d)