高木研究室│九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所

本研究室では情報社会のインフラのひとつである暗号技術について、数理的な角度から実装まで幅広く扱っています。

English

Japanese

九州大学
マス・フォア・インダストリ研究所
高木研究室
〒819-0395 福岡市西区元岡744番地

Tel: 092-802-4456
Fax: 092-802-4405

高木 剛 教授

Tsuyoshi Takagi

高木 剛 (Tsuyoshi Takagi), 教授

九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所
〒819-0395 福岡市西区元岡744番地

Tel: 092-802-4456, Fax: 092-802-4405
Email: takagi at imi.kyushu-u.ac.jp

PQCrypto 2017
2017年6月26-28日に、オランダのUtrechtで開催される国際会議 Post-Quantum Cryptography 2017 のProgram Co-Chairsを務めています。
IACR

2017年12月3-6日に、香港で開催される国際会議 Asiacrypt 2017 のProgram Co-Chairsを務めています。投稿〆切:2017年5月19日。

略歴

1993年3月 名古屋大学理学部数学科卒業
1995年3月 名古屋大学大学院理学研究科数学専攻修士課程修了
1995年4月 日本電信電話株式会社NTT研究所
1997年10月 ドイツ・ダルムシュタット工科大学情報科学部客員研究員
1998年10月 日本電信電話株式会社NTTドイツ研究所
2001年1月 Dr.rer.nat.(ダルムシュタット工科大学情報科学部)
2001年3月 ドイツ・ダルムシュタット工科大学情報科学部助手
2002年7月 ドイツ・ダルムシュタット工科大学情報科学部助教授
2005年4月 公立はこだて未来大学システム情報科学部准教授
2008年4月 公立はこだて未来大学システム情報科学部教授
2010年4月 九州大学数理学研究院教授
2011年4月 九州大学マス・フォア・インダストリ研究所教授
2017年4月 東京大学大学院情報理工学系研究科教授

2003年度 スペイン・カタルーニャ工科大学応用数学部非常勤講師
2006年度 筑波大学先端学際領域研究センター客員研究員
2007年度 名古屋大学大学院工学研究科非常勤講師
2007年度 北海道大学大学院情報科学研究科非常勤講師
2009-2011年 中国電子科技大学情報科学部客員教授
2009年度 九州大学数理学研究院客員教授
2010年度 公立はこだて未来大学システム情報科学部客員教授
2012年度 琉球大学理学部数理学科非常勤講師
2017年度 九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所 (クロスアポイントメント)

PAGETOP

賞罰

1997年3月 電子情報通信学会学術奨励賞
1998年9月 NTT研究開発本部長賞
2009年4月 第8回船井情報科学振興賞
2013年6月 2012年度情報処理学会喜安記念業績賞
2013年10月 第12回ドコモ・モバイル・サイエン ス賞受賞
2014年6月 平成25年度電子情報通信学会業績賞受賞
2015年2月 第11回日本学術振興会賞受賞

PAGETOP

国内学会等の活動

2005-2014年度 電子情報通信学会情報セキュリティ研究会専門委員
2005-2014年度 情報処理学会コンピュータセキュリティ研究会専門委員/運営委員
2007-20010年度 情報処理学会論文誌編集委員
2008-2009年度 科学研究費補助金 第1段審査(書面審査)委員
2008年度 CRYPTREC IDベース暗号WG主査
2009年度 特許出願技術動向調査(暗号技術)委員
2009-2016年度 CRYPTREC 暗号方式委員会委員
2010年度-2016年度 電子情報通信学会常任査読委員

PAGETOP

国際会議プログラム編集委員

CQRE1999, ICISC2002, CT-RSA2003, CHES2003, CNIS2003, CT-RSA2004, CHES2004, CT-RSA 2005, ACNS2005, CCN2005, CHES2005, ACM-DIM2005, ICISC2005, ACIS2006, ACNS2006, SECRYPT2006, ETRICS2006, SecUbiq2006, VietCrpt2006, IWSEC2006, ICISC2006, ARES2007, ISPEC2007, CHES2007, Pairing2007(編集委員長), SECRYPT2007, ProvSec2007, IWSEC2007, ACM-DIM2007, ICISC2007, ARES2008, Asiacrypt2007, INDOCRYPT2007, PKC2008, ANTS2008, ACISP2008, Pairing2008, SECRYPT2008, WISA2008, ACM-DIM2008, ICICS2008, CANS2008, ICISC2008, ARES2009, ISPEC2009, Pairing2009, SECRYPT2009, IWSEC2009(編集委員長), ProvSec2009, WISA2009, ACM-DIM2009, CANS2009, ICICS2009, ICISC2009, ACNS2010, SecureComm2010, FDTC2010, CHES2010, IWSEC2010, WISA2010, ACM-DIM2010, INSCRYPT2010, ASIACCS2011, WISTP2011, ISPEC2011, CHES2011(編集委員長), ISC2011, ProvSec2011, WISA2011, ICISC2011, Pairing2012, ACNS2012, CRYPTO2012, ACISP2012, ProvSec2012(編集委員長), ARES2012, IWSEC2012, ISC2012, ICISC2012, PKC2013, ISPEC2013, ACISP2013, FDTC2013, Pairing2013, ACISP2013, ARES2013, IWSEC2013, Asiacrypt2013, ICICS2013, ICISC2013, ISC2013, ProvSec2013, FDTC2014, ACISP2014, IWSEC 2014, ANTS2014, ProvSec2014, PQCrypto2014, ICISC2014, Inscrypt2014, AsiaCCS2015, ACISP2015, ARES2015, Asiacrypt2015, ICISC2015, PQCrypto2016(編集委員長), Asiacrypt2016(編集委員長), PQCrypto2017(編集委員長), Asiacrypt2017(編集委員長),....

PAGETOP

国際ジャーナル論文誌の編集委員

Journal of Mathematical Cryptology
Journal of Cryptographic Engineering
Pacific Journal of Mathematics for Industry
JSIAM Letters
PAGETOP

競争的研究資金

[1]2002-2005年、ドイツ文科省科研費(BMBF)、Formal Proof for Cryptographic Techniques
[2]2003-2004年、ドイツ学術振興会(DFG)、Public-key Cryptography in the Age of Quantum Computer
[3]2003-2005年、ドイツ文科省科研費(BMBF)、Security Architecture for Ubiquitous Computing
[4]2004-2007年度、科研費 特定領域研究、新世代の計算限界 -その解明と打破-、B06:暗号システムに対する実装攻撃の適用と限界に関する計算論的研究 (代表者: 櫻井幸一、九州大学)
[5]2005-2007年度、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、半導体アプリケーションプロジェクト、"Pairing Liteの研究開発" (代表者:岡本栄司 筑波大学)
[6]2005-2010年度、科研費 特定領域研究、情報爆発時代に向けた新しいIT基盤技術の研究、A01-01:情報ネットワークにおける大規模知識処理のための超高速アルゴリズムの研究 (代表者: トーマス ツォイクマン、北海道大学)
[7]2006-2007年度、科研費 基盤研究(C)、公開鍵暗号用の算術技法における安全性を考慮した効率解析と応用
[8]2008年度、科研費 特別研究員奨励費、双線形性ペアリング写像を利用した署名付き暗号化方式の研究 (JSPS外国人特別研究員:李発根)
[9]2009年度、科学技術振興機構(JST)、地域イノベーション創出総合支援事業シーズ発掘試験、電子認証局による証明書を必要としない公開鍵暗号方式の開発
[10]2010-2012年度、科研費 挑戦的萌芽研究、大規模解読実験による公開鍵暗号の安全性解析
[11]2010-2012年度、科研費 基盤研究(B)、ペアリング暗号方式の基礎数理および実装方法の研究
[12]2010-2012年度、科研費 特別研究員奨励費、プライバシを考慮したIDベース暗号方式とトラスト管理システムへの応用 (JSPS外国人特別研究員:張明武)
[13]2012-2013年度、科研費 特別研究員奨励費、効率的な分散暗号方式と安全なデータ保存アウトソーシングへの応用 (JSPS外国人特別研究員:朱友文)
[14]2013-2015年度、科研費 挑戦的萌芽研究、楕円曲線暗号のグレブナ基底による安全性解析
[15]2013-2016年度、科研費 基盤研究(B)、ペアリング暗号の大規模解読実験による安全性解析
[16]2013-2014年度、科研費 特別研究員奨励費、大規模並列計算によるポスト量子暗号の安全性解析 (JSPS外国人特別研究員:鄭振牟)
[17]2014-2016年度、科研費 特別研究員奨励費、ビザンチン攻撃に対して安全なネットワーク符号化の解析と構成 (JSPS外国人特別研究員:程池)
[18]2014-2019年度、戦略的創造研究推進事業(CREST)、 次世代暗号に向けたセキュリティ危殆化回避数理モデリング
[17]2015-2016年度、科研費 特別研究員奨励費、効率的かつ安全な多変数多項式暗号方式の構築 (JSPS外国人特別研究員:Albrecht Petzoldt)

PAGETOP

共同/受託研究等

NTT研究所、富士通研究所、ソニー研究所、日立研究所、KDDI研究所、三菱総合研究所、情報通信研究機構(NICT)、東芝研究開発センター、韓国電子通信研究院(ETRI)、シンガポール国立情報通信研究所(I2R)

PAGETOP

特許

出願番号 H8-236862, H8-189730, H9-156903, H11-76245, 2002-342387, 2003-205896, 2004-001602, 2004-132486, 2004-071757, 2006-192217, 2008-20653, 2008-0160657, 2008-053537, 2008-208523, 2009-007315, 2009-198877, 2016-006317, ...

PAGETOP

ポスドク受入

[1]韓東国、韓国学術振興会(Korean Research Foundation)、2005年5月~2006年4月
[2]柳恩京、韓国学術振興会(Korean Research Foundation)、2006年6月~2007年5月
[3]白勢政明、独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、2006年4月~2008年3月
[4]李発根、学術振興会外国人特別研究員(JSPS Postdoctoral Fellow)、2008年4月~2009年4月
[5]張明武、学術振興会外国人特別研究員(JSPS Postdoctoral Fellow)、2010年8月~2012年8月
[6]朱友文、学術振興会外国人特別研究員(JSPS Postdoctoral Fellow)、2012年8月~2014年8月
[7]鄭振牟、学術振興会外国人特別研究員(JSPS Postdoctoral Fellow)、2013年11月~2015年9月
[8]程池、学術振興会外国人特別研究員(JSPS Postdoctoral Fellow)、2014年11月~2016年11月
[9]奥村伸也、CREST, Japan Science and Technology Agency、2015年4月~2016年4月
[10]Albrecht Petzoldt, 学術振興会外国人特別研究員(JSPS Postdoctoral Fellow)、2015年11月~2016年11月
[11]池松泰彦、CREST, Japan Science and Technology Agency、2015年7月~

PAGETOP

著書/編著等

[1]Tsuyoshi Takagi, "Advanced Course on Contemporary Cryptology (Chapter 6)", Centre de Recerca Matematica, pp.223-277, Birkhaeuser Verlag, 2005.
[2]Tsuyoshi Takagi, Tatsuaki Okamoto, Eiji Okamoto, Takeshi Okamoto (Eds.), "Pairing-Based Cryptography - Pairing 2007", LNCS 4575, Springer-Verlag, 2007.
[3]Kyosuke Osaka, Tsuyoshi Takagi, et al., "RFID Security: Techniques, Protocols and System-on-Chip Design (Chapter 7)", pp.147-176, Springer-Verlag, 2008.
[4]Tsuyoshi Takagi, Masahiro Mambo (Eds), "Advances in Information and Computer Security - IWSEC 2009", LNCS 5824, Springer-Verlag, 2009.
[5]Bart Preneel, Tsuyoshi Takagi (Eds), "Cryptographic Hardware and Embedded Systems - CHES 2011", LNCS6917, Springer-Verlag, 2011.
[6]Tsuyoshi Takagi, Guilin Wang, Zhiguang Qin, Shaoquan Jiang, Yong Yu (Eds), "Provable Security - 6th International Conference, ProvSec 2012, "LNCS7496, Springer 2012.
[7]Tsuyoshi Takagi (Ed), " Post-Quantum Cryptography - 7th International Workshop, PQCrypto 2016", LNCS9606, Springer 2016.
[8]Shaoquan Jiang, Tsuyoshi Takagi, Guilin Wang, " Special Issue on Provable Security", Security and Communication Networks, Vol.9, No.12, pp.1635-1637, 2016. PAGETOP

学術論文(主要10編) (詳細リスト)

[1]Sachar Paulus and Tsuyoshi Takagi, "A New Public-key Cryptosystem over the Quadratic Order with Quadratic Decryption Time", Journal of Cryptology, 13, pp.263-272, Springer-Verlag, 2000.
[2]Marc Joye, Jean-Jacques Quisquater, Tsuyoshi Takagi, "How to Choose Secret Parameters for RSA and its Extensions to Elliptic Curves", Designs, Codes and Cryptography, 23 (3): pp.297-316, Kluwer Academic Publishers, 2001.
[3]Tsuyoshi Takagi, "A Fast RSA-Type Public-Key Primitive Modulo pkq", IEICE Transactions, Vol.E87-A, No.1, pp.94-100, 2004.
[4]Katja Schmidt-Samoa, Olivier Semay, Tsuyoshi Takagi, "Analysis of Fractional Window Recoding Methods and Their Application to Elliptic Curve Cryptosystems", IEEE Transactions on Computers, Vol.55, No.1, pp.48-57, 2006.
[5]Camille Vuillaume, Katsuyuki Okeya, Tsuyoshi Takagi, "Short Memory Scalar Multiplication", IEEE Transactions on Computers, Vol.57, No.4, pp.481-489, 2008.
[6]Kaoru Kurosawa, Tsuyoshi Takagi, "One-Wayness Equivalent to General Factoring", IEEE Transactions on Information Theory, Vol.55, No.9, pp.4249-4262, 2009.
[7]Keisuke Hakuta, Hisayoshi Sato, and Tsuyoshi Takagi, "Efficient Arithmetic on Subfield Elliptic Curves over Small Finite Fields of Odd Characteristic", Journal of Mathematical Cryptology, Vol.4, No.3, 199-238, 2010.
[8]Takuya Hayashi, Takeshi Shimoyama, Naoyuki Shinohara, Tsuyoshi Takagi, "Breaking Pairing-Based Cryptosystems using EtaT Pairing over GF(3^97)", Asiacrypt 2012, LNCS 7658, pp.43-60, 2012.
[9]Tsukasa Ishiguro, Shinsaku Kiyomoto,Yutaka Miyake, Tsuyoshi Takagi, "Parallel Gauss Sieve Algorithm: Solving the SVP Challenge over a 128-Dimensional Ideal Lattice", The 17th IACR International Conference on Practice and Theory of Public-Key Cryptography, PKC 2014, LNCS 8383, pp.411–428, 2014.
[10]Yoshinori Aono, Yuntao Wang, Takuya Hayashi, Tsuyoshi Takagi, "Improved Progressive BKZ Algorithms and their Precise Cost Estimation by Sharp Simulator", The 35th Annual International Conference on the Theory and Applications of Cryptographic Techniques, Eurocrypt 2016, LNCS 9665, pp.789-819, 2016.

PAGETOP

解説記事・雑誌記事

[1]高木剛, "公開鍵暗号理論と整数論", 中部数理フォーラムVol.1, pp.19-27, 1996.
[2]高木剛, "公開鍵暗号 (RSA and ElGamal)", BIT別冊 情報セキュリティ、pp.222-227, 2000.
[3]小林透, 高木剛, "ドイツにおけるECセキュリティの状況", 社団法人日本電子工業振興協会, No.448, pp.22-29, 2000.
[4]高木剛, ドイツの大学改革, 日経サイエンス, 2004年1月号.
[5]Johannes Buchmann, Tsuyoshi Takagi, "Kryptographie - Chancen und Risiken", thema Forschung, No.1, pp.36-42, Technische Universitaet Darmstadt, 2004.
[6]高木剛,"次世代公開鍵暗号 - ペアリング暗号", 技術を支える数学, 日本評論社, pp.126-136, 2008.
[7]高木剛, "公開鍵暗号(RSA暗号/楕円暗号)の安全性", オペレーションズ・リサーチ学会誌, 3月号, pp.137-142, 2009.
[8]林卓也, 高木剛, "離散対数問題解読世界記録更新への道 -676 ビットの解読-", 情報処理, Vol.51, No.9, pp.1181-1188, 2010.
[9]Tsuyoshi Takagi, "Pairing-based cryptography and its security analysis", Casimir Force, Casimir Operators and the Riemann Hypothesis, pp.43–56, de Gruyter, 2010.
[10]林卓也, 高木剛, "離散対数問題に対する解読世界記録の推移", 電子情報通信学会誌, 94巻11号, pp.977-981, 2011.
[11]高木剛, "次世代暗号の安全性解析と高速実装アルゴリズムの開発", 科研費NEWSレター, Vol.3, pp.12, 2012.
[12]高木剛, "双線形性ペアリング写像と公開鍵暗号", 数学, 第66巻, 第2号, pp.192-197, 2014.
[13]Tsuyoshi Takagi, "Introduction to Public-Key Cryptography", Mathematics for Industry, Vol.5, pp.35-45, 2014.
[14]高木剛, "次世代暗号の標準化", 學士會会報, 第910号, pp.88-92, 2015.
[15]高木剛, "ポスト量子暗号", 数学セミナー, 2015年7月号, pp.22-26, 2015.
PAGETOP

招待講演

[1]1997年9月、ベルギー・ルーヴァンカトリック大学 (Jean-Jacques Quisquater教授研究室)
[2]1998年9月、ドイツ・エッセン大学 (Gerhard Frey教授研究室)
[3]2001年12月、九州大学 (櫻井幸一教授研究室)
[4]2002年12月、第14回日独ITフォーラム, ボン
[5]2002年6月、ドイツ・ボッホム大学 (Christof Paar教授研究室)
[6]2003年5月、Computeralgebratagung 2003, カッセル
[7]2003年10月、イギリス・ブリストル大学 (Nigel Smart教授研究室)
[8]2003年11月、筑波大学 (岡本栄司教授研究室)
[9]2003年12月、台湾国立中央大学 (Sung-Ming Yen教授研究室)
[10]2004年6月、ドイツ・フランクフルト大学 (Claus-Peter Schnorr教授研究室)
[11]2004年7月、Polynomial-Based Cryptography 2004, メルボルン
[12]2004年9月、茨木大学 (黒澤馨教授研究室)
[13]2005年9月、北陸先端科学技術大学院大学 (宮地充子教授研究室)
[14]2005年10月、Korea-Japan Joint Workshop on Ubiquitous Network Security, 東京
[15]2006年7月、電子情報通信学会コミュニケーションクオリティ研究会, 函館
[16]2006年11月、中国中山大学 (Fangguo Zhang教授研究室)
[17]2007年2月、NICT 2nd Int. Joint Workshop Information Security & Applications, ソウル
[18]2007年3月、韓国情報通信大学 (Kwangjo Kim教授研究室)
[19]2007年3月、韓国梨花女子大学 (Hyang-Sook Lee教授研究室)
[20]2007年4月、IPA組込みセキュリティワークショップ, 東京
[21]2007年9月、Dagstuhl Seminar - Cryptology, ドイツ
[22]2007年12月、東工大GCOE「計算世界観の深化と展開」発足シンポジウム, 東京
[23]2008年10月、次世代IT社会のための暗号と情報セキュリティ技術に関する日台共同研究, 福岡
[24]2009年3月、安全な社会基盤への計算量的数論の応用, 福岡
[25]2009年3月、電子情報通信学会情報通信基礎サブソサイェティ合同研究会, 函館
[26]2009年11月、Casimir Force, Casimir Operators and the Riemann Hypothesis, 福岡
[27]2009年12月、2009 International Workshop on Cryptography and Network Security, 台北
[28]2009年12月、2009 Joint Meeting of the KMS and the AMS, ソウル
[29]2010年6月、中国電子科技大学 (Fange Li准教授研究室)
[30]2010年6月、中国華南農業大学 (Mingwu Zhang准教授研究室)
[31]2010年12月、第15回情報・統計科学シンポジウム(BICシンポジウム), 福岡
[32]2011年5月、International Workshop on Coding and Cryptology, IWCC 2011, Qingdao
[33]2011年6月、Dagstuhl Event, International View of the State-of-the-Art of Cryptography and Security and its Use in Practice, ドイツ
[34]2011年8月、International Conference on Coding and Cryptography, Seoul
[35]2012年2月、2012年暗号と情報セキュリティシンポジウム, SCIS2012, チュートリアル, 金沢
[36]2012年3月、2012年電子情報通信学会総合大会, 依頼シンポジウム, 岡山
[37]2012年8月、ドイツ・ダルムシュタット工科大学 (Johannes Buchmann教授研究室)
[38]2013年3月、NICT情報通信セキュリティシンポジウム2013, 東京
[39]2014年11月、Number Theory and Cryptography, A Conference in Honour of Johannes Buchmann’s 60th birthday, Darmstadt
[40]2015年1月、DIMACS Workshop on The Mathematics of Post-Quantum Cryptography, Rutgers University
[41]2015年3月、電子情報通信学会2015 年総合大会,立命館大学
[42]2015年9月、Dagstuhl Seminar, Quantum Cryptanalysis, ドイツ
[43]2015年9月、ETSI 3rd Quantum-Safe Crypto Workshop, ソウル
[44]2015年11月、日蘭共同サイバーセキュリティカンファレンス, 電気通信大学
[45]2015年11月、最適モデリングセミナー, 東京大学(岩田覚教授研究室)
[46]2015年12月、数学・数理科学4研究拠点合同市民講演会 万物共通の言葉「数学」, 明治大学
[47]2016年1月、Future Cryptographic Technolgoy Symposim: Cryptographic Technologies in the Era of Quantum Computation, ソウル大学
[48]2016年1月、Small-workshop on Communications between Academia and Industry for Security, Kumamoto
[49]2016年3月、米国シンシナティ大学 (Jintai Ding教授研究室)
[50]2016年6月、First Post-Quantum Cryptography Asia Forum, Chengdu
[51]2016年8月、Computer Entertainment Developers Conference - CEDEC 2016, Yokohama
[52]2016年9月、中国密码学会 ChinaCrypt2016, 杭州 Hangzhou
[53]2016年9月、中国复旦大学(Yunlei Zhao教授研究室)
[54]2016年11月、Chinese Academy of Sciences, Key Laboratory of Mathematics Mechanization, China
[55]2016年11月、PQC Asia Forum in Seoul, Seoul
[56]2016年12月、2016 Huawei Forum on Future Security, Singapore
PAGETOP

報道発表

1999年5月14日、Guter Drat nach Fernost, Frankfurter Rundschau
1999年5月20日、Japanischer Telefon-Riese setzt auf Forscher der TU, Darmstädter Echo
2002年9月6日、Im Profil, Erster Juniorprofessor, Darmstädter Echo
2002年9月17日、Experte für Schlüsseltechnologie, Frankfurter Allgemeine Zeitung
2004年6月11日、カード情報 盗み見防止、日本経済新聞
2004年8月6日、携帯の情報漏えい防止、日本経済新聞
2005年7月5日、未来大 韓国と初の共同研究、北海道新聞
2006年7月27日、韓国と共同研究継続、北海道新聞
2006年7月27日、韓国電子通信研究院と調印、函館新聞
2008年4月16日、世界初、専用ICチップ開発、北海道新聞
2008年4月16日、新暗号システム開発、函館新聞
2009年3月2日、未来大とシンガポール国立情報通信研究所、函館新聞
2009年3月12日、携帯端末省エネ研究、日本経済新聞(北海道版)
2010年2月24日、ネット暗号計算世界記録、日経産業新聞
2012年6月18日、解けない暗号解読、東京新聞
2012年6月18日、次世代暗号攻略された、中日新聞
2012年6月19日、次世代暗号148日で解読、読売新聞
2012年6月19日、ペアリング暗号の解読 世界記録を達成、日刊工業新聞
2012年6月19日、次世代暗号、148日で解読、日経産業新聞
2012年6月19日、278桁の暗号、短期で解読、日本経済新聞
2012年6月22日、ペアリング暗号の安全性を確立し標準化に貢献、電波タイムズ
2013年7月19日、日刊工業新聞、128次元の暗号解読、KDDI研と九大
2013年8月21日、毎日新聞(夕刊)1面、「数万年要する」暗号解読、九大2週間で成功
2015年5月12日、日刊工業新聞、先進暗号数理デザイン室開設
2015年6月5日、 産経新聞、企業・個人情報を守れ!
2015年12月26日、産経新聞、連載【数学の時代】第1回 暗号の闘い 社会を支える
2016年1月14日、Dong-A Science(東亜科学)、미래 암호 연구 안 하면 산업계 혼란 불 보듯 뻔해

PAGETOP