高木研究室│九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所

本研究室では情報社会のインフラのひとつである暗号技術について、数理的な角度から実装まで幅広く扱っています。

English

Japanese

九州大学
マス・フォア・インダストリ研究所
高木研究室
〒819-0395 福岡市西区元岡744番地

Tel: 092-802-4456
Fax: 092-802-4405

キーワード検索可能暗号方式の設計・開発

 ペアリング暗号は近年に提唱され、大きな注目を集めている新たな暗号方式である。このペアリング暗号を利用することでRSA暗号や楕円曲線暗号などの暗号方式では実現することができなかった新しい暗号プロトコルを構成することが可能である。

 ペアリングを利用した暗号プロトコルとしてキーワード検索可能暗号方式が提案されている。RSA暗号や楕円曲線暗号では、暗号文から平文に関する情報を一切漏らさないsemantic securityであることが必要である。一方、キーワード検索可能暗号方式とは文書を暗号化した状態で、落とし戸を持つユーザだけが暗号文の中に特定のキーワードが含まれているかどうか検索できる暗号方式である。落とし戸を持たないユーザには暗号文からキーワードが一切漏れることはない。キーワード検索可能暗号方式によりデータベースを暗号化して管理する方法が提案されており、セキュリティの高い情報管理を実現することができる。

 キーワード検索可能暗号方式ではキーワードの検索方法として連接キーワード検索や大小比較検索、部分集合検索を実現する方式が提案されている。本研究では、キーワード検索可能暗号の拡張を行い、新たな機能を付加させた方式を構成することが目標である。

発表論文

  • 片山貴充, 高木剛,
    "連接キーワード検索可能なIDベース暗号文キーワード検索可能暗号方式",
    情報処理学会 コンピュータセキュリティシンポジウム, CSS 2009,pp.577-582, 2009.
  • 片山貴充, 高木剛
    "アクセス制限可能なキーワード検索可能暗号方式"
    暗号と情報セキュリティシンポジウム, SCIS2008, 4E2-2, 2008.
  • Eun-Kyung Ryu, Tsuyoshi Takagi
    "Efficient Conjunctive Keyword-Searchable Encryption"
    3rd IEEE International Symposium on Security in Networks and Distributed Systems, SSNDS 2007, pp.409-414, 2007.
PAGETOP