高木研究室│九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所

本研究室では情報社会のインフラのひとつである暗号技術について、数理的な角度から実装まで幅広く扱っています。

English

Japanese

九州大学
マス・フォア・インダストリ研究所
高木研究室
〒819-0395 福岡市西区元岡744番地

Tel: 092-802-4456
Fax: 092-802-4405

Javaを用いたプラットフォームでのペアリング暗号の評価

 Javaはプラットフォーム非依存の言語で,サーバクライアントシステムなどの開発において多く用いられている.また現在では,多くの携帯電話でJavaがサポートされていて,携帯電話用のアプリケーションが容易に開発・公開することが可能である.しかし,JavaはC言語などに比べて低速であるため,使用するプラットフォーム上での速度が重要となる.

 本研究はJavaを利用したPCや携帯電話といった複数のプラットフォームでEtaTペアリングの速度評価を行う.ペアリングの計算で,3乗根を用いないEtaTペアリングとトーラスを用いた最終べきの計算を使用する.実装は標数3,次数m,既約多項式を3項式f(x)=x^m+x^k+2とし,次数mと既約多項式の中間項のべきkについて可変である汎用的な実装を行う.

発表論文

1.低リソース環境のための省メモリ化
2.例外処理やエラー回避
3.実際のプロトコルでの実装

Javaを用いた携帯電話、PC間でのIDベース暗号

発表論文

  • 井山政志, 清本晋作, 福島和英, 田中俊昭, 高木剛, "携帯電話におけるペアリング暗号の実装", 電子情報通信学会論文誌, Vol.J95-A, No.7, pp.579-587, 2012.
  • 井山政志, 福島和英, 清本晋作, 三宅優, 高木剛, "Android 携帯電話におけるペアリングの高速実装", 2012年暗号と情報セキュリティシンポジウム, SCIS2012, 1B1-5, 2012.
  • 川原祐人,小林鉄太郎,高橋元,高木剛, "Java Card上におけるペアリング暗号の実装", 情報処理学会 コンピュータセキュリティシンポジウム, CSS 2010,2B1-2, pp.237-242, 2010.
  • 井山政志,清本晋作,福島和英,田中俊昭,高木剛, "Android携帯電話におけるペアリング暗号の実装", 情報処理学会 コンピュータセキュリティシンポジウム, CSS 2010,2B1-3, pp.243-248, 2010.
  • 川原祐人,高木剛,岡本栄司,
    "Javaを利用した携帯電話上でのTateペアリングの高速実装", 情報処理学会論文誌, Vol.49, No.1, pp.427-435, 2008.
    (情報処理学会 コンピュータセキュリティシンポジウム, CSS 2006, pp.591-596,2006. (CSS2006学生論文賞受賞) )
  • Yuto Kawahara, Tsuyoshi Takagi, Eiji Okamoto,
    "Efficient Implementation of Tate Pairing on a Mobile Phone using Java",
    International Conference on Computational Intelligence and Security, CIS 2006, LNAI 4456, pp.396-405, 2007, Springer-Verlag.
PAGETOP